名大生の稀覯本日記

月に30~70冊ほど本を読むド暇名大生による、気まぐれな書評ブログです。

新企画 三番勝負

f:id:bookpotato:20171019233849j:plain

僕の実際の知り合いで、樂という者がいます。盟友といっても過言ではないでしょう。

 

この男のこと、僕は少し侮っていたのかもしれません。

 

 

1.「樂、ブログやろうぜ!」

 

ある日、僕は彼にこう言いました。

 

「ブログ始めてみない?」

 

 

周囲でもブログをやっている人がちらほらいて、あこがれもありました。

文章を書いてみたい、という気持ちもありました。

Twitterbotにも、限界を感じていたころでした。

Twitterbotについては、こちらをご覧ください。)

twitter.com

 

 

だから、深い考えもなく、彼を誘ってみました。

 

彼も彼で、文学好きの青年。腹蔵は人一倍あるわけです。二つ返事で承諾してくれました。

 

かくして、私てながあしながと樂の書評ブログ生活が始まったのでした。

 

 ↓樂のブログのリンクです。

raku-book.hatenablog.com

 

2.樂、覚醒す

 

 

ブログを始めて数日で、彼のブログは見違えるほど垢抜けていきました。

 

 

後から聞いたのですが、彼はカスタマイズ好きなのだそうです。

というわけで、彼はブログを始めてからというもの、彼はデザインに凝り始めました。

それからというもの、マイナーチェンジを繰り返し、現在はこれです。

 

 

 

いやいや、オシャレすぎ。

 

プロフィール画像と記事のサムネイルの統一感。丁寧なカテゴリ分け。意匠を感じるレイアウトですね。

 

 

一応、弊ブログも見てみましょうか。

f:id:bookpotato:20170923003841j:plain

 

 

 

ダサすぎる。

 

中途半端なカテゴリ分け。そして、ありきたりな画像。

raku booksを東京のオシャレな大学生としたら、私のブログのその陳腐さは、入学したての大学1年生のファッションのようです。モサっとしていて、かつありきたり。書いてて悲しくなってきたのでこの辺でやめます。

 

 

 

さて、樂はまめな性格もあって、こつこつブログを更新し続け、着々と読者を増やしていきます。

そして、現在彼の読者は、90人を越えているそうです。

一日のアクセス数も100ほど行くとか。

 

 

月とすっぽん、ということばが僕の胸に去来しています。

 

 

*1

 

 

 

3.樂よ、勝負じゃ

 

 

今のところ、僕は彼に対して、やっかみ、嫉み、うらやましさなどの、屈折した感情しか持っていません。

そこで、僕は彼にこんなことを提案しました。

 

 

「おい樂、三番勝負しようぜ‼」

 

 

説明しましょう。

三番勝負とは、僕と樂で、同じお題で同じ日にブログを更新します。ただそれだけです。

ちなみに、お題は決まってるので、列挙すると

 

  1. 無人島に持っていきたい一冊
  2. トイレ本
  3. 高校生の自分に読ませたい一冊

 

です。

 

なお、1.無人島本については、24日(火)に投稿する予定です。

 

これから随時更新していくので、僕の記事も、そして樂の記事も見ていただければ幸いです。

では、こうご期待!

 

*2

 

 

追記:彼も三番勝負の紹介記事を書いてくれました。

 

raku-book.hatenablog.com

 

よくわからないテクノロジーを駆使して、やたらクオリティーの高い画像を作っています。こういうところなんですよね。当ブログが妬むところ。

 

*1:

(だから、彼のブログのトップ記事は、ブログカスタマイズの記事なのだそうです。書評ブログなのに(笑))

 

raku-book.hatenablog.com

*2:なお、勝負と言っておきながら、どうやったら決着がつくかは決めていません。